緑単トロンを作りました! これがメタ最上位のデッキパワー!!! 【モダン調整記13】

Magic Onlineでリーグに挑戦していくものの全く勝てない私「イマ猫」。こうなったらデッキを変更、メタ最上位を使っていくしかありません! というわけで今回からは緑単トロンを使っていきます。

ヴァニファール
青赤ストーム
緑単トロン

企画的なおもしろさはどんどん減ってる気がしますが……しょうがない。自分的に勝てないデッキでリーグ挑戦して負けまくって大赤字、これを繰り返してるとほんと精神的にも金銭的にもダメージ多いので……

それにメタ最上位を使うことでそのデッキパワーを実感するのも良い経験になるはず。というわけで、リストはこちら。

プレインズウォーカー(6)
4 解放されたもの、カーンKarn Liberated
2 精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon

クリーチャー(8)
4 ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine
2 歩行バリスタ/Walking Ballista
2 絶えざる飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger

ソーサリー(8)
4 古きものの活性/Ancient Stirrings
4 森の占術/Sylvan Scrying

アーティファクト(19)
4 忘却石/Oblivion Stone
4 探検の地図/Expedition Map
4 彩色の星/Chromatic Star
4 彩色の宝球/Chromatic Sphere
3 大祖始の遺産/Relic of Progenitus

土地(19)
4 ウルザの塔/Urza’s Tower
4 ウルザの魔力炉/Urza’s Power Plant
4 ウルザの鉱山/Urza’s Mine
4 森/Forest
1 埋没した廃墟/Buried Ruin
1 ウギンの聖域/Sanctum of Ugin
1 幽霊街/Ghost Quarter
60 Cards

サイドボード(13)

1 大祖始の遺産/Relic of Progenitus
1 全ては塵/All Is Dust
3 スラーグ牙/Thragtusk
2 次元の歪曲/Spatial Contortion
3 自然の要求/Nature’s Claim
3 難題の予見者/Thought-Knot Seer

サイドが13枚しかないのは外科的摘出を買ってないからです。

この73枚のリストでmoだと約130チケット(≒1万5000円ほど)なんだけど、外科的摘出2枚で110チケットするんですよ。超高い! 130チケットがいきなり240チケに! さすがにちょっと様子見しようかなと……買うにしても、どうしても必要だと判断してからにします。

トロンを選んだ理由は、まずメタ最上位の超強いデッキだから。↑にも書いたように今までリーグでボロ負けしてるで、次は勝つ側に回りたいんですぅ!

コメントで提案いただいたカウンターカンパニー、赤緑ヴァラクートなども楽しそうではありました。しかし、tier2以下のデッキだと私のプレイング&調整スキルでは勝てないと実体験済み。勝ちを狙いに行くならガッチガチのメタ最上位を使うべきだと判断しました。デッキパワーに頼る!

第2にプレイが比較的簡単らしいのも重要なポイント。1つ前に使っていた青赤ストームは考えることが多かったし、ミスプレイも多発……私に複雑で繊細なデッキは使いこなせませんでした。

比べて、↓の記事によるとトロンはモダンでもかなりシンプルなデッキとのこと。

Ranking the Decks of Modern From Easiest to Most Difficult to Play - ChannelFireball - Magic: The Gathering Strategy, Singles, Cards, Decks
PV's back to rank the decks of Modern from easiest to hardest to master!

第3の理由として、重量級カードを叩きつけるのが楽しそう。私は1点1点のライフレースより派手な動きが好み。土地3枚から7マナ! そこから、ウギン・ウラモグなどを叩きつける……魅力的です。

実際に回す前にこちらの記事を見て勉強。

トロンのすべて ~3ヶ月の集大成~ | 記事
みなさんこんにちは。Hareruya Prosの井川 良彦です。 トロンはリアル/Magic Online問わず世界中で安定した成績を残し続けており、今のモダンにおけるベストデッキの一つだと僕は確信しています。 今回の記事では、僕が「グランプリ・オクラホマシティ2017 ~ プロツアー『イクサランの相克』 ~ グランプ...

構成はいろいろと違うけどキープ基準はとても参考になりました。2マリガンまでは強気に探しにいくべきなんですね。確かに対戦相手が使ってるトロンに2マリから殺されることも多かったなぁ……

さぁ、いよいよ対戦していきましょう。とりあえず5マッチほどやってみると実に良い感じです。最低限の動きも分かったので、本格的に練習開始。10試合の結果はいかに。

勝敗 ゲームカウント
4色ジェスカイの隆盛コンボ ○○(2-0)
ジャンド ○○(2-0)
青黒ライブラリーアウト ○×○(2-1)
青赤ウィザード ○×○(2-1)
青赤予言により蓄積カウンター? ○○(2-0)
青赤ストーム ○○(2-0)
ナヤバーン × ×○×(1-2)
バントコントロール ○○(2-0)
アミュレットタイタン × ××(0-2)
グリクシスシャドウ ○○(2-0)

8勝2敗! つ、つええ……トロン超強い!

青赤ストームは50マッチほど練習したあとでも、10試合で5勝5敗止まりだったのに……これがメタ最上位のデッキパワー!

ほんと別ゲーかと思うぐらいにマナが出て、1枚1枚のカードが強い。難しく考えなくてもトロンをそろえて手札のカードをキャストしていくだけで勝てる。なんかワームとぐろエンジンが3マナに感じます(笑) いやだって、土地3枚から出るんですもん。

あと、まじで2マリガンからでも普通に勝てる。マリガンしてアド損することがほぼ問題になりません。トロンがそろえばそれで勝てる。なので「え、これキープかなぁ……? マリガンしたいけど手札6枚になるのもアド損だし……」みたいに悩む必要がない。気軽にマリガンできると事故死が少なくストレスも減りますね。

そしてデッキに違和感が無い。前に使っていたヴァニファール・青赤ストームだと「このカード弱いなぁ」とか「どうも動きが噛み合ってない、カード同士の相性が悪い?」みたいに感じる部分があったんだけど、トロンにはそれが全然ありません。いやもちろん、大会上位のレシピをコピーしたんですが、それにしてもデッキとしての完成度が超高いです。「○○を××にしたらもっと強いんじゃね?」みたいなアイディアが湧いてこない。デッキ改造好きとしては、ややさびしい気もしますが……改善すべき問題が無い。

う~ん、これは間違いなく強いデッキです。まだ組んでから15戦しかやってないけどフレンドリーリーグに突撃したくなりました! 惨敗はしないはず!

勝敗 ゲームカウント
ジャンド × ○××(1-2)
ジャンド ○×○(2-1)
緑白土地カンパニー × ○××(1-2)
青赤フェニックス ○○(2-0)
4c唸りプリズン ○○(2-0)

3勝2敗! 久しぶり、そしてようやく人生2回目のリーグ勝ち越し……! 内容的にもローグばかりと戦ったわけじゃなく申し分なし。驚異のメイン勝率100%……やっぱトロンはすごいデッキですわ

最終的には自作のオリジナルデッキで結果を出してデッキビルダーとしてドヤ顔したいけど、しばらくは緑単トロンを使っていくことにします。

まぁ、ブン回った時の強さがやばすぎてじゃっかん空気が冷える感じもあるけど……3ターンにカーン、からの4ターンウラモグとか理不尽すぎますからねぇ。使ってる私自身が引くほどの鬼畜ムーブ。

あと対策カードで1番怖いのは幽霊街+ラムナプの採掘者だと発見

血染めの月・減衰球を置かれても減速するだけで「土地6枚まで伸ばしてワムコ!」みたいな勝ち筋が残りますが、土地破壊を連打されると完全に機能停止。幽霊街の使いまわしを防ぐためにも大祖始の遺産はあまりサイドアウトしないほうが良さそう。

みんなの感想

  1. 匿名 より:

    ストームにどうやって勝てたか気になりますね…

  2. 匿名 より:

    自分も使っているんですけど、そろそろ古きものの活性がBANされそうで怖いです

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント