スタンダード環境の変化 2019年5月6日~5月27日 【灯争大戦前期】

https://www.mtggoldfish.com/のデータから、環境の変化を考察します。5月3日に『灯争大戦』が発売。環境前期はどうのように推移したのか。

支配率上位10デッキの推移
時期 2019年5月6日 5月13日 5月20日 5月27日
1位 赤単アグロ エスパーコントロール 赤単アグロ 赤単アグロ
2位 スゥルタイミッドレンジ エスパーミッドレンジ エスパーミッドレンジ エスパーミッドレンジ
3位 白青アグロ 赤単アグロ エスパーコントロール エスパーPW
4位 赤緑ミッドレンジ 青緑ネクサス グリクシスコントロール イゼットフェニックス
5位 ティムール荒野の再生 白青アグロ バントミッドレンジ バントミッドレンジ
6位 青単テンポ スゥルタイミッドレンジ 白青アグロ ジェスカイPW
7位 エスパーコントロール 青黒コントロール 青緑ネクサス 白青アグロ
8位 青緑ネクサス グリクシスコントロール イゼットフェニックス 4c戦慄衆の指揮
9位 青赤ドレイク 赤緑アグロ 赤緑ミッドレンジ グリクシスコントロール
10位 赤t緑アグロ バントミッドレンジ スゥルタイミッドレンジ 赤緑ミッドレンジ

環境最初期は前弾から続いて赤単とスゥルタイが使用率上位。そこからエスパーコントロール(7位→1位)と青緑ネクサス(8位→4位)の時代が始まるように見えましたが……最終的には赤単アグロがトップメタに返り咲いています。

その他、イゼットフェニックスが復活している(圏外、圏外、8位、4位)のもおもしろい動きでは。

使用率上位10カードの推移
時期 2019年5月6日 5月13日 5月20日 5月27日
1位 溶岩コイル 思考消去 ショック ショック
2位 稲妻の一撃 強迫 溶岩コイル 時を解す者、テフェリー
3位 ショック ドミナリアの英雄、テフェリー 思考消去 溶岩コイル
4位 強迫 薬術師の眼識 強迫 稲妻の一撃
5位 ゴブリンの鎖回し ショック 稲妻の一撃 思考消去
6位 選択 溶岩コイル ゴブリンの鎖回し ゴブリンの鎖回し
7位 否認 正気泥棒 時を解す者、テフェリー 狂信的扇動者
8位 薬術師の眼識 時を解す者、テフェリー 軍勢の戦親分 軍勢の戦親分
9位 クロールの銛撃ち ドビンの拒否権 ドミナリアの英雄、テフェリー ヴィーアシーノの紅蓮術士
10位 再燃するフェニックス 選択 ドビンの拒否権 覆いを裂く者、ナーセット

今回はデッキごとより、個別のカードを見たほうが環境がよく分かりそう。青系カードが興味深い変化を見せています。

薬術師の眼識(8位、4位、圏外、圏外)⇩
ドミナリアの英雄、テフェリー(圏外、3位、9位、圏外)⇩

時を解す者、テフェリー(圏外、圏外、7位、2位)⇧
覆いを裂く者、ナーセット(圏外、圏外、圏外、10位)⇧

つまり、同じ青黒白デッキでも初期は薬術師の眼識&ドミナリアの英雄テフェリーによる低速コントロールだったのが、途中から時を解す者テフェリーを使う比較的軽量でPW多めの形に変化していることが読み取れます。

青緑ネクサスが圏外に消えたのも時を解す者、テフェリーが増えたから。荒野の再生からエンドステップに運命のきずなを撃つ動きを禁止。

一気に使用率が上がり新カードの中でも特に存在感のある時を解す者、テフェリー。このまま高い採用数を維持するのか要注目です。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント