モダン環境の変化 2019年6月3日~6月24日 【モダンホライゾン期】

https://www.mtggoldfish.com/のデータから、環境の変化を考察します。マジックオンライン上では6月7日から実装された『モダンホライゾン』。そこから2週間ほどで何がどうなったのか?

支配率上位10デッキの推移
時期 6月3日 6月10日 6月17日 6月24日
1位 5c人間 5c人間 5c人間 5c人間
2位 緑単トロン 青白コントロール 青白コントロール 青白コントロール
3位 青白コントロール 青赤フェニックス 青赤フェニックス 青赤フェニックス
4位 青赤フェニックス ドレッジ ドレッジ ホガークヴァイン
5位 ドレッジ 緑単トロン 緑単トロン ドレッジ
6位 アミュレットタイタン アミュレットタイタン アミュレットタイタン 緑単トロン
7位 バーン 赤単フェニックス バーン エルドラージトロン
8位 親和 バーン 赤単フェニックス 赤単フェニックス
9位 赤単フェニックス 親和 親和 アミュレットタイタン
10位 感染 エルドラージトロン エルドラージトロン バーン

緑単トロンは大きく衰退(2位、5位、5位、6位)。灯争大戦期から減少傾向が見えていましたが、モダンホライゾンでも特に強化されることはなかった様子。

そしてモダホラによって爆誕したデッキがホガーク型ブリッジヴァイン。圧倒的な強さでいきなり最上位に入ってきました(無、圏外、圏外、4位)。

goldfishさんのデータは2週間ほどの内容を平均しているので、直近の大会結果だけを見てみると

MODERN EVENT2019/06/23 青白コントロール エスパーミッドレンジ 黒t白信心 ホガークヴァイン ホガークヴァイン マルドゥパイロマンサーズ エスパーシャドウ ホガークヴァイン 

ベスト8中3、ベスト16中8という驚異的入賞率。ここだけ見ると禁止ラインを超えている水準。2019年6月24日現在ではホガークヴァインがトップメタといえます。

これから先の環境を考えると高速即死コンボに対応しづらい緑単トロン・5c人間などは減っていきそう。流れ弾の墓地対策が刺さるドレッジも苦しいはず。逆に墓地対策がしやすい青白コントロールは良いポジションなのでは。まぁ↑の大会結果通りの環境が続くと。

使用率上位10カードの推移
時期 2019年6月3日 6月10日 6月17日 6月24日
1位 稲妻 稲妻 稲妻 稲妻
2位 流刑への道 信仰無き物あさり 流刑への道 流刑への道
3位 信仰無き物あさり 流刑への道 信仰無き物あさり 信仰無き物あさり
4位 血清の幻視 血清の幻視 血清の幻視 選択
5位 減衰球 選択 選択 血清の幻視
6位 選択 瞬唱の魔導士 瞬唱の魔導師 瞬唱の魔導師
7位 瞬唱の魔導士 減衰球 貴族の教主 貴族の教主
8位 貴族の教主 貴族の教主 減衰球 思考囲い
9位 古きものの活性 魔力変 霊気の薬瓶 虚空の力戦
10位 自然の要求 外科的摘出 安らかな眠り 安らかな眠り

個別のカードを見ても

・緑単トロン対策の減衰球は低下(5位、6位、8位、圏外)
・墓地対策である虚空の力戦&安らかな眠りが急上昇

という流れが分かります。

『モダンホライゾン』の影響で再び墓地利用環境になるとは。対策カードによってホガークヴァインが抑え込まれていくのか、それとも禁止水準を維持してしまうのか……なかなか大荒れの環境になりそうです。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント