モダン環境の変化 2019年3月25日~4月15日 【ラヴニカの献身期】

https://www.mtggoldfish.com/のデータから、環境の変化を考察します。

支配率上位10デッキの推移
時期 3月25日 4月1日 4月8日 4月15日
1位 青赤フェニックス 青赤フェニックス 青赤フェニックス 青赤フェニックス
2位 ドレッジ ドレッジ 緑単トロン 緑単トロン
3位 緑単トロン 緑単トロン ドレッジ 5c人間
4位 青白コントロール 5c人間 5c人間 ドレッジ
5位 5c人間 青白コントロール 青白コントロール 青白コントロール
6位 バーン グリクシスデスシャドウ アミュレットタイタン 純正BG
7位 鱗親和 鱗親和 グリクシスデスシャドウ グリクシスデスシャドウ
8位 グリクシスデスシャドウ アミュレットタイタン 純正BG アミュレットタイタン
9位 4cプリズン 純正BG バーン バーン
10位 純正BG バーン 親和 親和

2カ月ほど環境の2番手として大活躍してきたドレッジが、ここに来て衰退傾向(2位、2位、3位、4位)。

・イゼットフェニックスがメインから外科的摘出を使い始めた
・墓地利用環境が長くなり、ありとあらゆるデッキが墓地対策している

この2点が主な理由でしょう。

代わりに2位に上がってきたのが緑単トロン。この記事を書いている私自身が緑単トロンを使っていますが、青赤フェニックス・ドレッジの両方に対して互角に戦えるのでこの結果は納得。

そして、純正BGが明確に増加中(10位、9位、8位、6位)。青赤フェニックス・緑単トロン・5c人間・ドレッジ・青白コントロールという環境上位すべてに対して不利なく戦えるデッキと言えます(特にサイド後)。ジャンドと比べると廃墟の地を採用しやすいのが長所。

特に禁止カード・新セットの追加がなかった期間だけど、徐々に環境は変化してきている印象です。

直近に行われたGPサンパウロの2日目におけるアーキタイプ別の使用数と勝率を引用すると

やはりドレッジが衰退中、青赤フェニックスは最大勢力だけど勝率では緑単トロン・人間に負けるという結果に。青赤フェニックスもやや衰退傾向と言えるのでは?

しかし、5月に入って以降は『灯争大戦』『禁止改定?』『モダンホライズン』『ロンドンマリガン実装?』という大きなイベントが複数。モダンはまったく違う環境となり、今までの流れはあまり参考にならなそう。

使用率上位10カードの推移
時期 3月25日 4月1日 4月8日 4月15日
1位 稲妻 稲妻 稲妻 稲妻
2位 信仰無き物あさり 信仰無き物あさり 信仰無き物あさり 信仰無き物あさり
3位 流刑への道 流刑への道 流刑への道 流刑への道
4位 血清の幻視 血清の幻視 血清の幻視 血清の幻視
5位 外科的摘出 外科的摘出 外科的摘出 外科的摘出
6位 選択 選択 選択 致命的な一押し
7位 古きものの活性 致命的な一押し 致命的な一押し 選択
8位 魔力変 思考掃き 思考掃き 思考掃き
9位 致命的な一押し 古きものの活性 古きものの活性 思考囲い
10位 思考掃き 魔力変 魔力変 古きものの活性

個別のカードは特に変化なし。相変わらず外科的摘出がとても高い使用率をキープ。青赤フェニックス・ドレッジという墓地利用デッキに効くのはもちろん、ウルザランドを追放できるので最近増えてきたトロンにも効果抜群。使用数が高くなるのも納得です。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント