モダン環境の変化 2019年5月6日~5月27日 【灯争大戦期】

https://www.mtggoldfish.com/のデータから、環境の変化を考察します。2019年5月3日に『灯争大戦』が発売。新環境はどうなったのか?

支配率上位10デッキの推移
時期 2019年5月6日 5月13日 5月20日 5月27日
1位 イゼットフェニックス 緑単トロン 緑単トロン 5c人間
2位 緑単トロン イゼットフェニックス 5c人間 緑単トロン
3位 5c人間 5c人間 イゼットフェニックス 青白コントロール
4位 ドレッジ 青白コントロール 青白コントロール イゼットフェニックス
5位 青白コントロール ドレッジ ドレッジ ドレッジ
6位 グリクシスデスシャドウ グリクシスデスシャドウ グリクシスデスシャドウ バーン
7位 アミュレットタイタン アミュレットタイタン アミュレットタイタン アミュレットタイタン
8位 鱗親和 純正BG バーン 親和
9位 純正BG 鱗親和 鱗親和 赤単フェニックス
10位 バーン バーン 純正BG グリクシスデスシャドウ

ついにイゼットフェニックスが衰退!(1位、2位、3位、4位)これだけ明確な変化があると、一時的なものではなく完全にトップメタから落ちたと言えるでしょう。

代わりに支配者となったのは緑単トロン……に見えましたが直近では5c人間が1位となっています。

緑単トロンは『灯争大戦』から大いなる創造主、カーンを獲得。さらに強化され盤石かと思われましたが?

そして、最新の 5月25日開催に開催されたMODERN CHALLENGEを見ると、何と32位までにトロンが0! 驚きの結果になっています。早くも緑単トロンが衰退傾向?

私自身が緑単トロンを使っているので少し考察すると

・大いなる創造主、カーンを入れるためにメインのワームとぐろエンジン&忘却石が減っている
サイドからも次元の歪曲が抜けている。カーン用のファクトが増えて枠が無いため

このようにアグロに効くカードが減った結果、5c人間に負けやすくなっている印象はあります。トロンは新カーンを使わない従来型に戻っていくかも。

他のデッキでは青白コントロール(5位、4位、4位、3位)とバーン(10位、10位、8位、6位)も明確に増加中。青白コンは『灯争大戦』から3マナのテフェリー&ナーセットによって強化され、バーンは緑単トロンに相性が良いからでしょう。

モダン的には『灯争大戦』の新カードを採用したせいでトロンが負けやすくなったという、おもしろい環境変化になりました。

使用率上位10カードの推移
時期 2019年5月6日 5月13日 5月20日 5月27日
1位 稲妻 稲妻 稲妻 稲妻
2位 信仰無き物あさり 古きものの活性 古きものの活性 流刑への道
3位 古きものの活性 血清の幻視 流刑への道 信仰無き物あさり
4位 血清の幻視 信仰無き物あさり 信仰無き物あさり 減衰球
5位 流刑への道 流刑への道 選択 血清の幻視
6位 選択 選択 血清の幻視 瞬唱の魔導士
7位 思考囲い 致命的な一押し 減衰球 選択
8位 致命的な一押し 思考囲い 貴族の教主 古きものの活性
9位 瞬唱の魔導士 外科的摘出 瞬唱の魔導士 貴族の教主
10位 外科的摘出 瞬唱の魔導士 致命的な一押し 致命的な一押し

イゼフェニの衰退と合わせて外科的摘出の使用率が低下(10位、9位、圏外、圏外)。一時は4位まで上がっていましたから、まぁ環境が健全になったと言えるのでは。0マナカードを撃ち合うのはちょっと世紀末。

逆に、減衰球の使用率は急上昇!(圏外、圏外、7位、4位)。緑単トロンへの対策。サイドカードなのにここまで使用率が上がるのは無色でどんなデッキでも使えるからこそ。やはり無色カードは便利。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント